当サイトの真の目的を教えておこう

2007年占いの館へようこそ。

2007年占いの館、管理人から一言。
2007年度が良い年でありますようにと、みんなが願い占っている。
占いは、そんな願望をあらかじめ確認して安心したいという思いを満たしてくれるのだ。

2007年占いの館では、2007年占いの中で、もっともあなたに適した占いを見つけてもらうことが目的だ。

「運勢占い」「寿命占い」「結婚運占い」など様々な占いがあり、2007年占いの館を利用して、その中から一つ見つけること。

自分の波長に適した占いの発見は、素晴らしき人生の発見でもある。
自信をもって明るく前向きに歩んでいける人生は、”充実の人生”といえよう。

2007年占いの館”の占いの中には”まゆつばのも”的で強引な物もある。
思わず笑ってしまう物もある。

しかし、これだけは覚えておいてほしい。
あなたを守っている”守護霊”が、これらの占いを通じて愛するあなたにメッセージを送っているのである。

だから、へんてこな占いで出た結果であっても大切に受けとめてほしい。
それらは必然なのである。
感謝し、真摯に受けとめて活用する。
そうすれば、幸福は必ずやって来るのだ。

2007年占いの館”の真の目的は、ここにあるのだ。

2007年占いの館、管理人から一言」より

手相占いとは

手相占いを解説する。

手相占いは、もっともイメージしやすい占いだと思う。
易者さんが虫めがねで相手の手のひらをのぞき込む。
TVなどでお馴染みの光景である。

実際のやり方も、占う人の手の平に刻まれたシワやその形状・厚みなどで、その人の運勢や才能、資質、健康状態の良否を判断するのだ。

パターンを覚えてしまえば、占い自体に特殊な才能を必要としないため、霊感や第六感を必要としない。

不思議なことに、手相は3ヶ月位で変化することもあるという。
例えば、良い手相を持っていても、なまけたり努力を怠ったりすると良い線が消えてしまうのだ。

逆に手相占いで悪い結果が出たとしても、努力次第で悪い線が消え良い線が現れるということだ。
つまり、自分の努力によって運勢を向上させる手相に改善することが可能なわけだ。

占い師が手相の占いに利用する線は、約30種類存在する。
その中でも重要な線は、「生命線」「運命線」「感情線」「知能線」「太陽線」「財運線」「結婚線」である。
どれも一度は聞いたことのあるお馴染みのものだ。

手相占いの簡単なやり方は、まず生命線で健康状態の良否やバイタリティを占う。
次に、運命線で仕事の成否やその人の人生などを占うのだ。

経験則の積み重ねでもある手相占いは、データに裏付けされた信頼性によって多くの愛好者が存在する占いだ。

血液型占いとは

血液型占いを解説する。

各種雑誌やインターネットサイトにおいて、血液型占いは高い人気を博している。

血液型占いの中には「相性」、「性格」、「ビジネス運」を占うのが中心だが、逆に生年月日から血液型を当てるものもある。
科学的相関関係は無さそうだがどうだろう。

統計を見ると、血液型占いをする人は圧倒的に女性が多い事が分かる。
女性を引きつける魅力が、血液型占いにはあるようだ。
恋愛占いに、血液型占いが使われることが多いからだろうか。

血液型占いに否定的な意見も多い。
「そんなに単純に血液型で決めつけないでくれ」と思ってしまうのはもっともだと思う。
血液型占いだけですべてがわかるとは思わない。

しかし、血液型占いを分析すると、気質の違いというのは確かにあるのだと確信してしまうデータもあるのだ。

4種類の血液型がどういう傾向にあるかということは、統計的に確立されている。

【A型】は責任感が強く真面目な性格である。

【B型】はとことんマイペースで気分屋だ。
    しかし人が良くて人情家、明朗。

【O型】は純粋でおおらか、理想を追求するロマンチスト。

【AB型】は天才肌で才知に富む。
     純粋無垢の右脳人間。

血液型占いで自分の隠された一面を知り、長所は伸ばし短所は改善していくことが肝要だ。
血液型占いが自分を変えていくきっかけになれば素晴らしいと思う。

前世占いとは

前世占いを解説する。

自分自身の前世はいったい何だったのかは結構気になると思う。

前世の存在を信じる信じないは自由だが、もし前世による因果関係があるとすると事は重大だ。
たとえ信じていなくても何か悪いことが続いたりすると、自分の前世がどうだったか”前世占い”に頼りたくはなるだろう。

あなたは前世占いをしてもらったことがあるだろうか。
自分の前世は何だったのか。
もしかしたら日本人ではなく外国人だったかもしれない。
人間ではなかった可能性すらある。

こう考えると、どんな人物が前世だったのか、よけい気になるだろう。
前向きに考えると、前世占いで自分のことを振り返ってみるのも良いと思う。

インターネットサイトに多数ある前世占いでは、「性格」、「行動」、「身体的特徴」などをチェックする場合が多い。
これは、前世の「性格」、「行動」、「身体的特徴」が、現在の自分自身に影響を及ぼしていると考えるからだろう。

また、簡単に「生年月日」からチェックできる前世占いもある。
前世占いをあくまでも自分の人生の参考にしようと考えるならこれでもいいと思う。

TV番組で、よく自分が行ったこともない知らない場所をよく知っていて話したり、前世の人物が憑依して前世を語ったりする番組もある。
本当に興味があるなら、ココまでやってみたいものだ。

前世占いを上手に人生に生かすこと、それは自分自身を知るための大きな一歩と言えるだろう。

今日占いとは

今日占いを解説する。

今日占いはその言葉の通り今日の運勢を占うものである。
今日占いはテレビでも見かけるが、お手軽なインターネットサイトで見るのが便利だ。

テレビの場合は放送時間に左右されるので、朝のワイドショーなどで毎朝出かける準備をしながら見る程度である。
しかし、固定ファンが多く、今日の占い「運勢はどうかな」と毎朝必ずチェックする人もいるほどだ。

インターネットで見る場合はパソコンを開けなければならないという手間はあるが、いつでも自由に”今日占い”をチェックできる。
また、種類が多いので色々と好きな占いを選ぶことが出来るのも良い。

今日占いの心掛けとしては、良い運勢が出た場合はもちろんラッキーと考えること、悪い運勢が出てたときは気を付けること。
これが大切だと思う。

今日占いの形式としては、星座占いが一般的である。
雑誌のなどの占いコーナーにはちょっと凝っている「タロット占い」や「四柱推命」なども見ることが出来る。

今日占いのほかにも、週占い、今月占い、今年占いといった”期間”を限定して運勢を占うものもある。

しかし、非常に分かりやすい1日完結の”今日占い”は、生活行動のアドバイスとして重宝する。

動物占いとは

動物占いを解説する。

動物占いの基本は、東洋の占いのベースである陰陽五行思想である。
陰陽五行思想とは何かは、各自調べること。
検索をかけると詳しく出てくるぞ。

動物占いは、その名の通り動物を使って占うものであるが、対象が”動物”であるという非常にイメージしやすく親しみやすいのが特徴である。

近年の動物占いブームに乗って「性格診断」、「相性診断」、「恋愛占い」、「仕事運占い」など様々な種類に細分化されている。
特にその中でも、動物占いは”人間関係”や”恋愛”に役立っており、そのわかりやすさは多くの人に支持されている。

動物占いの方法としては”2極化”されており、「名前での動物占い」と「生年月日での動物占い」の何れかが大半だ。

「名前での動物占い」は姓名学の理念を基本としている。
つまり姓名判断から性格を分析し、その人を動物に例えたならどんな動物になるのかを占うのだ。
そこから”性格”や”能力”を分析する。

「生年月日での動物占い」は、その人が生まれた年月日によりどんな動物の基本性格を持っているかをあてはめていく。
さらにツッコンで、その動物のもつ内面性と男女性別によっても細かく分析する。

最近はインターネットサイトや各種ブログ上にも様々な動物占いが乱立している。
ぜひ、いろいろ試して、自分にあったものを見つけてくれ。
そして、プラスの方向に自分自身を導いていくことが重要だ。

夢占いとは

夢占いを解説する。
夢の中のストーリーは非日常的であり非現実的なことが多い。
恐ろしい夢や追いかけられる夢、高所から落下する夢と様々である。
ときには嬉しいことに大好きな人に会った夢をみたりしたこともあるだろう。
しかし、大部分の夢は目が覚めると忘れてしまう。

そんな不思議な夢は、もしかすると将来を暗示しているのではないか。
そういう時に夢占いでその暗示を解きたくなるだろう。
夢占いとは、その人が見る夢によって「精神状態」や「体の状態」を占なっていくものだ。
夢占いで自分の潜在的な状態を知り、どうしてそんな夢を見たのかを分析・解決していく。

特に悪夢によって目覚めが悪く、嫌な感じ・不安な感じのときは、夢占いが頼りになる。
それによって解決したり、注意をしたりして一日が過ごせるわけだ。

夢の内容を頻繁にチェックしておくことも効果的だ。
例えば、1週間ごとにまとめた夢のチェックリストを作成して、夢占いサイト
や夢占い本などで調べてみるのだ。

何か特別なことが暗示されているかも知れない。
ただし自分一人で調べると、固定概念が入るので第3者にその分析をお願いした方が良いだろう。

”占いの館”の利用法

2007年占いの館へようこそ。

そもそも、占いとはなんだろう。
占いを信じる信じないは人それぞれだと思う。

占いの定義は、「様々な方法を用いて、未来の出来事や他人の心の中など直接見ることのできない出来事を導き出すこと」をいう。
鑑定の定義は、「専門分野に特化した知識を持つ人が、科学的、統計学的、そして感覚的(これ重要)な分析を行い評価・判断を下すことをいう。
固苦しい言い回しだが、占いは鑑定の一つであるといえよう。
現在「占い」は、科学的根拠の有無・妥当性に関わらず数多くの占いが存在している。

2007年占いの館では、様々な占いを紹介していく。
この2007年占いの館の中から、自分にピッタリの占いを見つけてほしい。
人には、生まれながらに持った相性の良い「占い」というものがあるのだ。
占いを行うにあたって、この「ジャストフィット」した占いを見つけだす作業は非常に重要なのである。

2007年占いの館でいろいろな占いを試してみてほしい。
その中に必ずしっくりくる「占い」が存在するのだ。